2012.12.15 Saturday 16:13

薪、差し上げます

 寒い日が続いております。梨園も霜で真っ白になる日がよく見られています。
新高の伐採をはじめました。年寄りが中心で梨園の作業の手が追いつかなくなってきておりますので、新高という品種の梨の木を約40本伐採することになりました。12月はじめから作業を始めています。多量の木材が出ますので、薪ストーブなどの薪を必要な方は、取りに来ていただければ差し上げます。事前に下田(029-831-0088)もしくは相(029-832-0016)までご連絡ください。

霜の降りた朝の梨畑

   霜の降りた朝の梨畑伐採中の新高の木

  伐採中の新高の木



2012.12.01 Saturday 16:08

剪定作業始まる

 ながらくブログを更新しておりませんでした。収穫・出荷の時期はものすごく忙しく、なかなかブログまで手が回らずにおりました。お陰様で、どうにか今シーズンの収穫・出荷まで終えることが出来ました。私としては、1月から手伝いはじめ、梨の粗皮削り、枝縛り、花粉付け、摘果、収穫、出荷と、はじめて1年を通して梨作りを体験しました。梨作りは想像していた以上に大変な作業であることが痛感されました。今は、梨の葉がすべて落ち、草刈り機で下草を刈ると共に、葉っぱを粉砕して土に返す作業が終わったところです。11月30日には剪定講習会があり、幸水と秋月の剪定の仕方を見てきました。今年は剪定も覚えていかなければいけないかなと思っております。老人部隊だけでは梨の木が多すぎることから、これから新高の大部分を伐採し、面積を少し減らします。まだ何本かは残しますので、ご注文には対応できると考えております。
  11月には九州に引っ越した荒木の家族に新しく次女が加わりました。手伝いに10日間ほど行きましたが、4歳と2歳の長男と長女にさらに1人が加わり、大変でした。  

2012.08.16 Thursday 08:27

放射能検査結果

  幸水の収穫が始まりました。ご注文をお受けしております。
 今年は例年に比べ1週間以上早い収穫開始になり、てんやわんやの状態です。 収穫直前にカメムシの被害を受け、少し「しょんぼり」状態です。

  依頼していた,放射能検査の結果が届きました。
  厚生労働省登録検査機関
  (株)日本食品エコロジー研究所
   に依頼して,ゲルマニウム半導体検出器による精密分析を依頼しました。
  結果は以下の通りでした。
    サンプル:8月12日に採取した梨(幸水)
    検査結果:
       セシウムー134    1.2 Bq/kg 以下
                  セシウムー137     1.0 Bq/kg 以下
                  ヨウ素−131        1.0 Bq/kg 以下

     すべて、検出限界以下で、安心して食べていただけます。

  下田梨園では, 昨年,セシウム−134 2Bq/kg, セシウム−137 2Bq/kg,とわずかでしたが,放射性物質が検出されました。今年は、検出限界以下(限りなくゼロ)を目指して 秋にゼオライトを10トン(1kg/m2)を撒き、例年使っている, 米ぬかや鶏糞を 放射性物質の持ち込みを防ぐため,使わずに他の有機肥料に変えたりしました。 また幹に付着している放射性物質を除くため, 皮削りもしました。
  これらの対策の結果と考えますが,今年、検出限界以下まで下げることが出来、ほっとしております。生産者としても安心して出荷できることは、大きな喜びです。 

2012.07.29 Sunday 14:16

暑中お見舞い

 暑中お見舞い申し上げます。
土浦にある下田梨園も毎日猛暑に見舞われております。

梨畑は除草、柱立てなどの作業が終わり,おじいちゃんは夜間の水やりが大変です。
梨の実は順調に生長しており,特に幸水は大きくなってきました。豊水や新高もこれから大きくなります。
梨畑にはたくさんの鳥がやってきますが,これまでは楽しんで眺めておりましたが、これからは梨の実が食べられるので追い払わなければなりません。特に椋鳥とカラスが大敵です。鳥を追い払うため畑にはシャツなどいろいろなものが吊り下げられています。

7月中旬に草刈りをしていた時に雉の親子に遭遇しました。母雉は子の方に草刈り機が近づかないように懸命に草刈り機の前を走って子の居ない方へ誘導してくれました。しかし、草刈りですので方向を変えて梨畑の端方へ進んだところ3羽の子雉が飛び出してきてびっくりしました。
その後も2回ほど遭遇してしまい,雉たちをだいぶ驚かせたので心配しておりましたが,翌朝、3羽の子雉を伴った母雉が梨畑を歩いており安心しました。雄雉はよく見かけていましたが今回初めて3羽の子どもを確認できました。

 暑さの折、体調にお気をつけてお過ごしください。

 梨畑を歩く雄の雉

幸水(7月29日)
 幸水の実(7月29日)




2012.07.08 Sunday 10:36

テレビ取材

  7月4日にテレビ朝日のモーニングバードの取材チームが下田梨園を取材してくれました。前回のブログで天候不順で梨に黒星病が多いと書いたのを見てくれていたようです。天候不順の影響としてこんなところにも出ているということで取材に来たようです。
 当日はとても暑い日でしたが2時過ぎから3時40分ごとまで長時間にわたって取材して行かれました。下田の父がインタビューに応じて、長い経験に渡るうんちくを話しておりました。放送は翌日の5日の8時から始まるモーニングバードということで一生懸命眺めておりました。九州北部の豪雨被害や細野環境大臣が参加したガレキ処理の白熱した討議があり、大きなニュースがあると放送されないと聞いていましたので,もう放送は無いかなと見ておりましたところ、ニュースアップのコーナーで天候不順による野菜などの値上がりの放送の後、約20秒間下田梨園と黒星病を紹介する下田の父と黒星病を受けた梨のアップが放送されました。テレビ取材も大変な作業だと実感しました。
 黒星病は梨に黒いカビがつく病気で芽の鱗片に感染していた菌が春先に花弁や幼果に直接感染して発病する病気で,春先の消毒が重要な防除法になっています。今年はつくばでの竜巻など天候が安定しなかったところから発病が多くなったものと考えられています。新聞情報ではいつもの年より10倍以上多く発病しているとのことで全国的な傾向のようです。発病したのを放置しておくと胞子がまた他の果実に移るので,見つけ次第取り除いて処理しています。今年は実がつく量が多かったので摘果の時に注意して感染していない実を選んで残していましたが,やはり見落としがかなりあり,見直すごとに新たな実が見つけ出されます。しかし、残っている実のほとんどは感染していませんので,出荷量には大きな影響はないと考えています。

テレ朝取材
  テレビ朝日のモーニングバードチームの取材風景

黒星病に感染した梨
       黒星病に感染した梨のみ


<<new | 2 / 53pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.