2014.11.25 Tuesday 14:00

黒豆の予約承ります。

お陰様をもちました今年の梨は終了いたしました。
雹害を受け大変なシーズンでしたが、何とか皆そこそこに元気で乗り越すことが出来ました。
有り難うございました。
 今回は、丹波の黒豆(下田梨園産)の予約販売のご案内です。
 下田梨園では、以前より丹波から取り寄せた黒豆を使い、丹波の黒豆を自家用に栽培しておりました。
今年は、梨が雹による大きな被害を受けたところから、栽培面積を増やして栽培して居ります。11月20日
頃収穫したところ大粒の良い黒豆が収穫されました。これから1月間ほど乾燥させ、12月20日過ぎには
商品として出荷できそうです。丹波の黒豆は、ご存じのように大粒の高級黒豆です。
 お正月には間に合いますので、お正月用の黒豆としてご利用頂きたくご案内いたします。
 ご注文は、電話、FAX、メールで承っておりますので宜しくお願いいたします。 
収穫された黒豆
              
  下田梨園から見た日の出
 

2014.05.11 Sunday 11:29

雹にやられました

雹にやられました。
5月9日、午前中は快晴でした。天気予報では午後から雷雨。予報通り1時頃には雷が鳴り始めました。激しく雨が降り始め、1時半頃から大粒の雹が降ってきました。これまでも雹が降るのを見たことがありますが、今回は特別すごかったです。15分ぐらいの間に何回も激しく降ってきました。2時頃には雨も止み、4時過ぎには青空になりました。振り返るとあっという間の出来事でしたが、梨園は大被害を受けました。伸び始めた新しい枝や葉はぼろぼろにやられ、大きくなり始めた梨の実は傷だらけになってしまいました。
 今年は2月には大雪が降り、4月には遅霜と天候が不順でしたが、大雪は後半に雨に変わり、遅霜はかろうじて被害をまぬかれることができ、花粉付けも終わり、ほっとしている時でした。梨の実も順調に大きくなり始め摘果作業に入ったところでの出来事です。80歳を過ぎ、冬の寒い中を梨の剪定、枝縛りと、毎日作業してきた下田夫妻にとっては衝撃的な出来事でした。出荷できる梨が確保出来るか不安です。

雹の来襲雹

雹にやられた枝雹にやられた梨の実雹にやられた梨の実

2013.07.24 Wednesday 08:47

梨園近況

 今年も梨は順調に生育しております。
しばらくブログの更新を怠っておりましたが、梨園の近況をお知らせします。
4月からインターネット担当の守弘は週3日ですが勤め始め、忙しさが増大し、ブログ更新も怠っております。茨城県の霞ヶ浦環境科学センターが勤め先ですが、丘の上にあり展望台からは霞ヶ浦が一望でき、眼前に広大なハス田が見渡せるすてきなところです。展示施設や図書施設もあり、是非ご来館下さい。
 昨年12月から西村君という若手が梨作りに参加してくれております。現在の関心はライブコンサートにあり、CDも500円で販売しています。the Lake Wound というグループで癒し系の音楽です。8月9日に柏でコンサートの予定だそうです。
 下田惇さんは80歳になりましたが、元気に梨畑で活躍しております。4月に歌集「梨の花」を出版し、お陰様で、地元の常陽新聞、茨城新聞に取りあげられ、さらに東京新聞でも紹介されて好評をいただいております。梨作りの苦労と喜びが詰まった歌集ですが、亡くなった頼子さんの短歌も含まれており、良い歌集が出来たと喜んでおります。
 下田博さんは83歳になりましたが、梨作りはすべてその双肩にかかっています。毎年梅雨明けと共に梨畑でスプリンクラーを夜中回し、おいしい梨作りに励んでおりましたが、夜中に何度も重たいホースを引きずりながらの作業で、梨園の自動散水装置を作ることが長年の夢でした。今年は惇さんの弟の久保田祐二さんの設計で散水装置の設置に挑戦しました。32個のスプリンクラーを等間隔で梨園に立て、電磁弁とコントローラで散水時間をコントロール出来る仕組みです。メイン配管を塩ビパイプで通し、そこからホースで各スプリンクラーに繋ぐという方式です。はじめにメイン配管を溝を掘って埋設する方法で作ったのですが、消毒用の重い車両が上を横切ることで、配管がいたるところで外れ、結局メイン配管も梨棚の上を通すことになり、大変な作業となりましたが7月はじめにどうにか完成し、梅雨明けに間に合って現在作動中です。この設置作業には奈良から定期的に手伝いに来てくれている大原実さん(博さんの従兄弟)と、神立から手伝いに来てくれる棟方さん、それに守弘と西村君が参加しました。
 実さんは82歳ですが、とてもその年には見えず元気です。道路を挟んで竹林があり、その向こうに小学校が出来たので、竹林の管理が求められています。これまで竹林まではなかなか手が回らなかったのですが今年は実さんと棟方さんとでだいぶきれいにしてもらいました。
 伸子はハンドベル、リコーダー、篠笛などのレッスンの合間に梨の手入れをしております。龍笛を松江で習い始め、松江のお祭りにも参加させてもらっていましたが、こちらに戻ってからはその機会も少なく、篠笛を習い始めています。先生から上手だとほめられたと言っております。
 昨年は、天候不順で黒星病が多く発生し、隣の栗畑から栗毛虫が大量に押し寄せ、また梅雨明けと共に大量のカメムシに襲われrなどいろいろ大変でしたが、今年は今のところ栗毛虫やカメムシの来襲もなく梨は順調に生育しております。お盆前後には幸水が出荷できるものと楽しみにしております。老人部隊と若者1人で頑張っておりますので、よろしくお願いいたします。

 

2013.04.07 Sunday 12:22

梨の花

 梨の花が咲きました。
例年ですと4月中旬に作梨の花が、今年は桜と同じように異常に早く咲き始めました。
剪定・枝縛りが間に合わず、まだ枝の立っている梨の木が残っています。しかし、花見としてはこちらの方が最高で、暖かい日は梨の花に囲まれながらの枝縛りで幸せな気分になります。
 4月14日(日)の午後、梨の花を楽しむ会を開きます。梨の花は白くてきれいな花です。梨の花を楽しみたい方はお誘い合わせの上下田梨園にどうぞお越し下さい。
 下田の母(惇)は若いときから短歌を作っております。この度、作り溜めた短歌が本として出版されました。梨の花というタイトルです。梨作りの人生が詰まった短歌集になっています。亡くなった下田頼子さんの短歌も収録されています。梨の花を楽しむ会の折には是非ご覧下さい。

枝縛り前の梨の木枝縛り前の梨の木

2013.01.22 Tuesday 15:50

太陽光発電の訪問販売ーおいしそうな話ー

 118日に太陽光発電の訪問販売を受けた。前の週に電話で自己負担のない太陽光発電が出来るので訪問したいという電話がRCエンターテイメントという会社からあった。当日契約はしないが説明だけなら良いですよと言うことで1時間程度という話でお受けした。
18()の10時前に身なりのきちんとした訪問販売の若いといっても30代の男性が来た。

まず、屋根での発電がどの程度出来るかを見ると言うことで家を一周し,のせられるパネル数などを調べた。次いで、部屋で説明を受けた。私が思っていたことは,いわゆる屋根貸しということで、会社がシステムを設置し,売電部分はすべて会社が取り、太陽光発電した分の家での使用料がこちらの利益になるという話かと思っていたがすぐにそうではないことが分かった。

セイルスの男性は、まず太陽光発電のメリットとデメリットについて説明をはじめた。これに約1時間が費やされた。次に,我が家の場合約20枚のパネルが載せられるとの説明を受けた。これにより発電した分で利益が出るかでないかは,家での電気使用量によって変わってくるので,我が家での使用状況についての詳しい説明が求められた。我が家では68千円/月程度の電気料金なので,節電は進んでいる方との評価を受けた。今回の自己負担のない太陽光発電の仕組みが出来るのは,自然エネルギーにより発電した電気を電力会社が全量買い上げなくてはならない仕組みになり,さらに買い取り価格が約倍に上がった事によるとの説明の後、我が家での発電量,売電量及び売電収入がどの程度になるか説明を受けた。

発電量と経費を出すためには,各メーカが作っている太陽光パネルの性能と価格を知らなければならないと言うことで,太陽光パネルについての説明を受けた。太陽光発電では多結晶タイプと単結晶タイプがあり,シャープや京セラは多結晶タイプ、パナソニック、東芝、サンテックは単結晶タイプで,価格は定価で多結晶タイプが12万円程度、発電能力が190w程度、単結晶タイプが17万円程度で230-255w程度の発電能力とのことである。ここでどのメーカーのものを選ぶか聞いてきた。サンテックは保証期間が25年と長く,日本のメーカのものは10年と短いので,サンテックがおすすめという感じで,サンテックで計算してもらう。計算に当たっては日照時間が重要であり,雨の日は発電能力が落ちるので計算に入れず、また冬と夏では日照時間が異なるので冬の値をベースに計算すること、曇りの日は晴れの日の半分の値を入れることなどを前提として、パネル20枚、5.1kwシステムでの発電量を計算する。9799kwh/年の数字が出る。これに、発電ロスとして36%をかけ6369kwh/年という数字が得られる。月平均に直すと530kw/月になる。さらに昼間家で使う分は販売できないので,家で使う分として月の電気用金を8500円年、その18%分を昼間の使用料として差し引く。東電から買う値段は29円/kwなので,昼間の使用料は59kw/月と計算し、530kwから引くと471kw/月が売れる電気量となり、これに売電価格42円をかけると21493円となる。最低でもこの程度は売れるので夏では日照時間が長くなり3万円程度売れるだろうとの話になる。ここまでで,2時間以上の時間が過ぎる。ここまでの話は、時間が長すぎるがフムフムと納得して聞いていた。次に,15年間契約で売れた電気料金からいくらを返せばよいかとの話に移る。20,200/月という数字が瞬時に出てくる。この辺からちょっと速すぎる印象を受ける。

続いて太陽光発電設置工事の費用の説明を受ける。商品と工事内容の説明を受け、割引料を入れて約300万円という金額が示される。20,200円ずつ15年返すと約360万円程度の金になることから,こんな数字かなと思う。さてこれで説明を聞き終わったので終わりにしようと思い、こちらで検討の上ご返事しますとの話になったが、ここからが訪問販売の訪問販売たるところである。工事に入る前に下見が必要であり,そこで詳細を決めて契約することになるが,事前に下見の日取りを決めて欲しいという。女房の都合なども含め131日なら良いという話になる。すると、今度は工事見積もりを書き直すと言い、新たに工事内容を書き改める。そして説明でクーリングオフは今日を含めて8日です,という。オイオイマテヨ、今日は契約しないと言っているのにこれはなんだ!

集中工事というシステムを使っているのでお得な話が出来るので,今日申し込まなければこの話は無いことになる、という。こちらは,事前に電話でも言ってあるように,今日契約することは無い,それでダメなら無かった話にしましょうと言うことで,かなり粘られたが,話は終了し,お引き取り頂く。はじめから,当日契約が目的であることが判明。

4時間を越える長いつきあいをした。せっかくつきあったので,この話には裏があるに違いないと思い、考えて見た。本当においしい話かどうか?

簡単に整理すると“RCエンターテイメント”という会社は約300万円で工事を請け負い,ローンを組んで、ローンはローン会社でやってもらう。会社側から見ると,作った後のメンテナンスもしないとのことであるので,工事が終われば300万の工事の金額をローン会社から受け取り,次のお客を狙う,という話になる。ローンの金利は2.6%とのことである。我々から見て、冷静に考えればれば5.1kwhの太陽光発電システムの工事が300万円で安いのか高いのか、2.6%のローンを組むのが得か損かを判断しなければならない。しかし、この訪問販売ではその隙を与えないように,自己負担なしで太陽光発電システムが設置できる,こんなおいしい話は無いと,おいしそうな話に3時間ぐらいの時間をかけ、頭をもうろうとさせて,契約に持ち込む作戦である。ちなみにサンテックの太陽光発電システムの経費をインターネットで調べると,40万円/kwh程度の金額が出ており,今回提示された5.1kwh,300万円は大体60万円/kwhになるので,かなり高額な工事になる事が分かる。せっかく勉強したのでブログに載せることにする。

2012.12.15 Saturday 16:13

薪、差し上げます

 寒い日が続いております。梨園も霜で真っ白になる日がよく見られています。
新高の伐採をはじめました。年寄りが中心で梨園の作業の手が追いつかなくなってきておりますので、新高という品種の梨の木を約40本伐採することになりました。12月はじめから作業を始めています。多量の木材が出ますので、薪ストーブなどの薪を必要な方は、取りに来ていただければ差し上げます。事前に下田(029-831-0088)もしくは相(029-832-0016)までご連絡ください。

霜の降りた朝の梨畑

   霜の降りた朝の梨畑伐採中の新高の木

  伐採中の新高の木



2012.12.01 Saturday 16:08

剪定作業始まる

 ながらくブログを更新しておりませんでした。収穫・出荷の時期はものすごく忙しく、なかなかブログまで手が回らずにおりました。お陰様で、どうにか今シーズンの収穫・出荷まで終えることが出来ました。私としては、1月から手伝いはじめ、梨の粗皮削り、枝縛り、花粉付け、摘果、収穫、出荷と、はじめて1年を通して梨作りを体験しました。梨作りは想像していた以上に大変な作業であることが痛感されました。今は、梨の葉がすべて落ち、草刈り機で下草を刈ると共に、葉っぱを粉砕して土に返す作業が終わったところです。11月30日には剪定講習会があり、幸水と秋月の剪定の仕方を見てきました。今年は剪定も覚えていかなければいけないかなと思っております。老人部隊だけでは梨の木が多すぎることから、これから新高の大部分を伐採し、面積を少し減らします。まだ何本かは残しますので、ご注文には対応できると考えております。
  11月には九州に引っ越した荒木の家族に新しく次女が加わりました。手伝いに10日間ほど行きましたが、4歳と2歳の長男と長女にさらに1人が加わり、大変でした。  

2012.08.16 Thursday 08:27

放射能検査結果

  幸水の収穫が始まりました。ご注文をお受けしております。
 今年は例年に比べ1週間以上早い収穫開始になり、てんやわんやの状態です。 収穫直前にカメムシの被害を受け、少し「しょんぼり」状態です。

  依頼していた,放射能検査の結果が届きました。
  厚生労働省登録検査機関
  (株)日本食品エコロジー研究所
   に依頼して,ゲルマニウム半導体検出器による精密分析を依頼しました。
  結果は以下の通りでした。
    サンプル:8月12日に採取した梨(幸水)
    検査結果:
       セシウムー134    1.2 Bq/kg 以下
                  セシウムー137     1.0 Bq/kg 以下
                  ヨウ素−131        1.0 Bq/kg 以下

     すべて、検出限界以下で、安心して食べていただけます。

  下田梨園では, 昨年,セシウム−134 2Bq/kg, セシウム−137 2Bq/kg,とわずかでしたが,放射性物質が検出されました。今年は、検出限界以下(限りなくゼロ)を目指して 秋にゼオライトを10トン(1kg/m2)を撒き、例年使っている, 米ぬかや鶏糞を 放射性物質の持ち込みを防ぐため,使わずに他の有機肥料に変えたりしました。 また幹に付着している放射性物質を除くため, 皮削りもしました。
  これらの対策の結果と考えますが,今年、検出限界以下まで下げることが出来、ほっとしております。生産者としても安心して出荷できることは、大きな喜びです。 

2012.07.29 Sunday 14:16

暑中お見舞い

 暑中お見舞い申し上げます。
土浦にある下田梨園も毎日猛暑に見舞われております。

梨畑は除草、柱立てなどの作業が終わり,おじいちゃんは夜間の水やりが大変です。
梨の実は順調に生長しており,特に幸水は大きくなってきました。豊水や新高もこれから大きくなります。
梨畑にはたくさんの鳥がやってきますが,これまでは楽しんで眺めておりましたが、これからは梨の実が食べられるので追い払わなければなりません。特に椋鳥とカラスが大敵です。鳥を追い払うため畑にはシャツなどいろいろなものが吊り下げられています。

7月中旬に草刈りをしていた時に雉の親子に遭遇しました。母雉は子の方に草刈り機が近づかないように懸命に草刈り機の前を走って子の居ない方へ誘導してくれました。しかし、草刈りですので方向を変えて梨畑の端方へ進んだところ3羽の子雉が飛び出してきてびっくりしました。
その後も2回ほど遭遇してしまい,雉たちをだいぶ驚かせたので心配しておりましたが,翌朝、3羽の子雉を伴った母雉が梨畑を歩いており安心しました。雄雉はよく見かけていましたが今回初めて3羽の子どもを確認できました。

 暑さの折、体調にお気をつけてお過ごしください。

 梨畑を歩く雄の雉

幸水(7月29日)
 幸水の実(7月29日)




2012.07.08 Sunday 10:36

テレビ取材

  7月4日にテレビ朝日のモーニングバードの取材チームが下田梨園を取材してくれました。前回のブログで天候不順で梨に黒星病が多いと書いたのを見てくれていたようです。天候不順の影響としてこんなところにも出ているということで取材に来たようです。
 当日はとても暑い日でしたが2時過ぎから3時40分ごとまで長時間にわたって取材して行かれました。下田の父がインタビューに応じて、長い経験に渡るうんちくを話しておりました。放送は翌日の5日の8時から始まるモーニングバードということで一生懸命眺めておりました。九州北部の豪雨被害や細野環境大臣が参加したガレキ処理の白熱した討議があり、大きなニュースがあると放送されないと聞いていましたので,もう放送は無いかなと見ておりましたところ、ニュースアップのコーナーで天候不順による野菜などの値上がりの放送の後、約20秒間下田梨園と黒星病を紹介する下田の父と黒星病を受けた梨のアップが放送されました。テレビ取材も大変な作業だと実感しました。
 黒星病は梨に黒いカビがつく病気で芽の鱗片に感染していた菌が春先に花弁や幼果に直接感染して発病する病気で,春先の消毒が重要な防除法になっています。今年はつくばでの竜巻など天候が安定しなかったところから発病が多くなったものと考えられています。新聞情報ではいつもの年より10倍以上多く発病しているとのことで全国的な傾向のようです。発病したのを放置しておくと胞子がまた他の果実に移るので,見つけ次第取り除いて処理しています。今年は実がつく量が多かったので摘果の時に注意して感染していない実を選んで残していましたが,やはり見落としがかなりあり,見直すごとに新たな実が見つけ出されます。しかし、残っている実のほとんどは感染していませんので,出荷量には大きな影響はないと考えています。

テレ朝取材
  テレビ朝日のモーニングバードチームの取材風景

黒星病に感染した梨
       黒星病に感染した梨のみ


<<new | 1 / 24pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.